自己紹介

小川佳万教授
【比較国際教育学研究室へようこそ】

2015年から広島大学で教鞭をとっています。専門が比較教育学ということもあって、とにかく旅行することが大好きです。特にどこが好きかと言えば、私の研究領域と関わるのですが中国、台湾です。たぶんこのページにアクセスされたみなさんより中国各地を旅していると思います。それぞれの思い出を述べきれませんので、時間があったら私の研究室に雑談でもしに来てください。はっきり言って正真正銘の中国オタクです。中国に関することなら何でも興味があります。でも、見たいところは中国、台湾に限りません。時間とお金があれば、世界各地に出かけに行きます。

また、旅につきものは飛行機、電車、車でしょう。私はこれらの乗り物も「そこそこ」オタクです。中国では3日くらい電車(正確には電化されていない火車ですが)に乗ったこともありますし、8時間ぐらい満員電車で立っていたこともあります。電車で比較的良い思い出があるのは、英国の旅でしょうか?また車と言えば、アメリカを東海岸から西海岸を往復したこともありますし、東海岸を縦断したこともあります。長時間ハンドルを握ることは苦ではありません。

では旅行で何をしているかというと、その多くが歴史スポット見学です。私は歴史オタクでもあるので、とにかく世界史で習ったことのあるところはどこも見たいという気持ちを持っています。この点は日本史も同様であり、普段は国内の旧所名跡を訪れています。私が好きな時代は古代と幕末なので、最近は古墳等も見学しています。ロマンがありますね。

というわけで、このような人間が比較教育学を講義しています。かなり偏った趣味かも知れませんが、研究はある意味「オタク」でなければなりません。高校の教科・科目との関係で言えば、比較教育学は英語と世界史に親和的かもしれませんが、得意でなくてもかまいません。好奇心旺盛な人はぜひ研究室に来てください。
Page Top